初めての節句のお祝いに|人気のプレゼントはボールペン|名入れしたものが喜ばれる

人気のプレゼントはボールペン|名入れしたものが喜ばれる

  1. ホーム
  2. 初めての節句のお祝いに

初めての節句のお祝いに

ボックス

感謝の気持ちを示すため

初節句とは、赤ちゃんが産まれて初めて迎える節句のことをいいます。女の子の初節句は桃の節句のことで、ひな祭りともいいます。三月三日に雛人形を飾り、ちらし寿司やおすましなどでお祝いします。男の子の初節句は端午の節句で、鎧人形や鯉のぼりなどを飾り、柏餅やちまきなどを用意します。日にちはこどもの日である五月五日です。このときに、祖父母や周囲の人から雛人形や鎧人形、鯉のぼりといった縁起物を贈ってもらうことがあります。こうした縁起物は比較的高価なものも多く、もらいっぱなしにせずにお返しを用意するのがおすすめです。お返しを用意するのは、初節句をお祝いしてくれて嬉しいという気持ちと、品物を贈ってくれたことに対する感謝の気持ちを示すという目的があります。

金額や時期の目安

初節句のお返しを選ぶときには、金額や品物、時期などの目安を知っておくべきでしょう。まず、金額の目安ですが、いただいた品物やお金の半額から三分の一程度が目安です。ただ、祖父母などの身近で目上の人からのお祝いの場合は、三分の一程度をお返しの目安とするとよいでしょう。贈る方はお返しを想定していないことも多く、不要と思っていることもあります。気遣いをさせないくらいの金額でかまいません。品物としては、消費してしまえるものがよいでしょう。お菓子や調味料、飲み物、洗剤などがおすすめです。子供の写真や名前を入れたものにするのも喜ばれます。その場合、時間がかかることもあるので早めに手配しましょう。もらってから一ヶ月から長くても三ヶ月以内に贈るのがマナーとされています。初節句の写真を添えるときには初節句から一ヶ月以内に贈るよう心がけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加